毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

共犯者を作れ!

マーケティング

2018年11月4日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私が、新商品を開発して販売する時に
とくに気をつけていることは

「自分 vs. お客さん」という対立構造を作らないようにする、

ということです。

 

 

私からすると、多くの販売者は
この対立構造におちいっているように感じています。

 

つまり、「自分は新商品を作って売る立場で、
新商品ができるまではお客さんに内密にしておく」
という秘密主義の考え方ですね。

 

そして、販売するプロモーションの時に
初めて新商品の情報を明らかにする、
という方法をとるのです。

 

さて、私は以前、「グラデーション経営」について書きました。

ご参考:グラデーション経営

 

これは、自分とお客さんの間にある垣根を壊し、
自分とお客さんの「両者」で
ビジネスをしていくやり方です。

 

つまり、「両者」で新商品を開発し、
「両者」で販売をしていくイメージです。

 

たとえば、新商品の販売が開始した時に、
自分が開発にたずさわって思い入れがある商品だと
お客さんはかなりの高確率で買ってくれます。

 

場合によっては、お客さんがその新商品を
口コミしてくれることでしょう。

 

こういった考え方をしていない人って多いですよね。

 

「新商品を作りたいけれど、どうしようか……」と
自社の中だけでうんうんと悩み、
お客さんに聞きもしない人とか。

 

私がそういった人にアドバイスするなら、
「その悩みをお客さんに聞いてみたら?」
ということです。

 

おそらく、その悩みに回答してくれた人は、
あなたの新商品を買ってくれると思いますよ。

 

つまり、あなたが望めば
お客さんはまるで共犯者のような存在になるのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ