毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ヤバいと言う人はヤバい

コピーライティン

2018年11月15日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

教養とは語彙(ごい)力である、とよく言われます。

すなわち、多くの単語を使いこなせる人ほど教養がある、
ということですね。

 

 

では、語彙力とは、具体的に何を指すのでしょうか?

 

私の考えでは、汎用(はんよう)的な単語ではなく、
専用的な単語をどれだけ使えるかが語彙力である、
と信じています。

 

たとえば、感情が強く動いたときはいつでも、
なにに対しても“ヤバい”と言うような人は
語彙力がない人と言えるでしょう。

 

美味しいときも“ヤバい”、不味いときも“ヤバい”。

美しいときも“ヤバい”、汚いときも“ヤバい”。

感動したときも“ヤバい”、つまらないときも“ヤバい”。

 

このように“ヤバい”を連発する人は教養のない人です。

 

その反対に、汎用的な単語で済ませられる時でも
あえて専用的な単語で会話をする人は
教養がある人です。

 

たとえば服に穴が開いたとして、
それを針と糸で縫うときに
どういう単語を使うでしょうか?

 

教養がない人は「服を直す」と言います。

 

一方で、教養がある人は「服を繕(つくろ)う」と言います。

この「繕う」という単語は、直すという意味では
衣服を直す文脈でしか主に使わない単語です。

 

こういった専門的な単語を使えることが
教養を表すのですね。

 

ただし。

 

専用的な単語を覚える余裕がない人は
あえて汎用的な単語を使うのもいいと思います。

 

日本に来た外国人の観光客に対して、
私が最初に教える日本語は“どうも”です。

なぜなら、“どうも”とは汎用的な単語で
多くの挨拶を“どうも”で表せるからです。

 

こんにちはも“どうも”、ありがとうも“どうも”。

さようならも“どうも”、すみませんも“どうも”。

 

逆に、日本人で“どうも”なんて使っている人がいたら、
己の教養のなさをアピールしているようなものですね。

 

私なら、気恥ずかしくて使えません。

 

もし“どうも”なんて公衆の面前で言ってしまったら
穴があったら入りたい気持ちになるでしょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ