毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

カルトの本質

自己啓発

2018年10月27日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日こんな質問をメールでいただきました。

 

「相馬さんは、宗教とカルトと自己啓発の間に
違いはあるとお考えになりますか?」

 

 

結論から言うと、ここでいう自己啓発が、
「いわゆる自己啓発セミナーの自己啓発」を指すならば
これらに大差はないと思っています。

※以下、「いわゆる自己啓発セミナーの自己啓発」を
自己啓発と表記します。

 

宗教もカルトも自己啓発もみんなカルトです、
私に言わせれば。

 

カルトとは、少数派が盲信している教典ですね。

 

その理由は、以前ここに書きました。

ご参考:宗教から科学へ

 

現代は、科学がカルチャー(主流)の時代です。

宗教はどんどん科学に置き換わっていっています。

 

その結果、宗教を信じる人は少数派になり、
あまねく宗教は全てカルトになることでしょう。

 

また、自己啓発の歴史を紐解いてみても、
最近は科学的な自己啓発がカルチャーになっています。

 

エビデンス・ベースド・プラクティスと言いますが、
エビデンスがある自己啓発だけが信頼されます。

 

そして、「どう生きればいいのか」といった問いにさえ
科学(この場合は統計学)が答えを出してくれています。

 

一方で、ある成功者の考え方を
伝えているようなエビデンスがない自己啓発は
全てカルトになっていくでしょう。

 

オウム真理教のような破壊的カルトだとは言いませんが、
カルチャーにはなりえないでしょう。

 

このように、宗教も自己啓発も、
科学的なエビデンスに反することを教えているので
カルトと言わざるを得ないのです。

 

科学的なエビデンスというのは
ランダム化比較試験や観察研究の系統的レビューで
証明されるとか、そのレベルのことを指しています。

 

蛇足ですが、カルト(cult)はラテン語が語源の単語です。

元々のラテン語は「耕す(colore)」でした。

 

この「耕す(colore)」は、
2つの正反対の英単語に変わりました。

 

英単語の1つがカルチャー(culture)であり、
もう1つがカルト(cult)です。

 

同じ語源なのに正反対の意味になるのは
なかなか興味深いですよね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ