毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

巨人の肩に乗るとは?

自己啓発

2018年12月16日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

昨日の内容で、「巨人の肩に乗る」と書きました。

 

これについて今まで詳しく書いたことがなかったので
今日の内容で説明をしようと思います。

 

 

これは元々、かのニュートンの言葉です。

ニュートンは万有引力をわずか22歳で発見しました。

 

そして「私がかなたを見渡せたのだとしたら、
それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです」
という言葉を残したことで知られています。

 

この「巨人」とは先人や先達のことで、
ニュートンにとっては物理学の先輩たちを指します。

 

「先輩たちの研究があったからこそ、
私は万有引力の法則を発見できた」という意味ですね。

 

換言すれば、ニュートンは自分だけの力では
万有引力を発見した訳ではないのです。

 

同様のことが私達も言えます。

 

たとえば、私たちが今抱えてる何かしらの課題も
それがビジネスであれ、人間関係であれ、健康であれ、
先人の知恵を借りれば解決できるはずです。

 

自分ひとりで解決しようとしないことが重要です。

 

そして、その課題をすでに解決している人達が
この世界のどこかにいるとも私は信じています。

 

そういった人の肩に乗ることで、
私達はより短時間で、より楽に成長できるのです。

 

なお、これは、パーソナルプロモートのミッションにも
なっています。

ご参考:パーソナルプロモートのミッション 

 

ちなみに、「巨人の肩に乗ること」の対義語は、
「車輪の再発明」です。

 

これは、すでに存在している解決法を探さずに
同じものを自分だけで一から作ることを指します。

 

車輪というものはもうすでに確立されているのだから、
それを使わないのは愚劣の極みですね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ