毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

緊張してしまうんですが……

心理学

2019年6月1日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私はセミナーで100人くらいの参加者の前で、
まったく緊張せずに話すことができます。

 

 

私のこのパフォーマンスを見たセミナー参加者が
こんな質問をしてくる時があります。

 

「私も相馬さんのように緊張せずに話したいのですが、
どうすればいいですか?」と。

 

しかし、私のように緊張せずに
大勢の前で話せるようになることは
オススメしません(笑)。

 

それは緊張しないで話してしまうと
パフォーマンスが下がるからです。

 

「ヤーキーズ・ドットソンの法則」という
生理心理学の概念がその論拠です。

ご参考:ヤーキーズ・ドットソンの法則(Wikipedia)

 

人は、リラックスしていても過緊張でも
パフォーマンスが下がってしまうのですが、
ほどよい緊張状態のときだけパフォーマンスが上がるのです。

 

ですので、私のようにリラックスして話していては
よいパフォーマンスが出せないのですね。

 

さて、自己啓発の本などでは、
「コンフォートゾーンを出なさい!」
と書いてあることがあります。

 

ここでいうコンフォートゾーンとは
「快適な空間」のことですが、
この意見には一理あるのです。

 

なぜなら、リラックスしている状態では
よいパフォーマンスが出せないからです。

 

つまり、ある程度のストレス下に自分を置くことで、
仕事などのパフォーマンスを上げられるのです。

 

ですが、コンフォートゾーンを大幅に飛び出して、
過緊張になるとパフォーマンスが下がってしまいます。

 

ということで、緊張を問題視するのは止めましょう。

パフォーマンスをあげてくれるからです。

 

それよりも、パフォーマンスを下げてしまう、
リラックスと過緊張を問題視しましょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ