毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

社長と専務の不和

ビジネス

2019年7月1日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日私が話をした、ある会社の専務は
とても視点が高く、見ている時間軸も長い人でした。

 

 

それこそ、もう何年も先を見据えて手を打っていく……
そんな人だったんですね。

 

一方で、その会社の社長は視点が低く、
いつも短期的な利益を追いかけている人でした。

 

その結果、その専務と社長との間で
不和が起こっていたのです。

 

たとえば、社長が提案した集客の手法に対して、
「これは3年後に使えなくなるから止めましょう!」
というように、専務の人が反対していたんですね。

 

私から見ても、社長の判断はまちがっていました。

 

それにもかかわらず社長はそれが理解できず、
まちがった方向に向かって進んで行きました。

 

おそらく、近い将来、地獄を見るでしょうね。

 

ともあれ、これって難しいことだなあと感じました。

 

なぜなら、実際に3年経ってみないと
社長にはまちがっていることが判断できないからです。

 

例えていうなら将棋のような感じでしょうか。

 

将棋の名人は、一見良さそうに見えるけれども
何手か先で詰んでしまう手を見極められます。

 

一方で、将棋のアマチュアは見極められず、
その死路に突き進んでしまうのです。

 

もちろん、名人が専務で、アマチュアが社長です。

 

視点が低くて、数年後に詰んでしまう死路に
突き進む社長の元で働くのって悲劇だな、
と感じました。

 

もし、自分が働いている会社の社長が
自分よりも近視眼的な人だったとしたら、
その会社から去るしかないのかもしれませんね。

 

なぜなら、ビジネスって、長い視点で考えて
手を打っていく会社しか生き残れないからです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ