毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

良いセミナー講師は離職率で判断できる

セミナーの受け方

2016年5月16日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私は職業柄、色々なセミナー講師やコンサルタントの
裏側を知ることができます。

 

 

その上で、最近強い確信を持ったのは、
「良いセミナー講師は離職率で判断できる」
ということです。

 

なぜなら、参加者に結果が出ていないセミナー講師の
会社の離職率が異常に高いからです。

 

これ、ホント(笑)。

 

逆に、参加者に結果が出ているセミナー講師ほど
離職率が低めですね。

 

これには3つの理由があります。

 

1.参加者からの苦情が多いから

結果が出ていない参加者が多ければ多いほど、
セミナー講師が社長をつとめる会社には
苦情がたくさん上がってきます。

 

そして、苦情が多い組織であればあるほど、
その苦情を受ける担当のスタッフは
離職しやすくなります。

 

2.セミナー講師の性格に問題があるから

社長であるセミナー講師からの指示がキツイ会社ほど、
まるでブラック企業のように、スタッフは苦しくなって
すぐに離れていってしまいます。

 

また、私が知る限り、セミナー講師が頻繁に
セクハラを繰り返して、女性スタッフがやめてしまう……
そんな会社もあります。

 

3.“超”放任だから

セミナー講師の中には“超”放任で、
「とりあえず売ってこい!」というように
新入社員をいきなり戦場に送り込む人もいます。

 

こういった組織の場合、売れないスタッフは
居場所がなくなって離職していきます。

 

また、売れたスタッフの場合、
「こんな状態だったら、自分で会社をやった方がいいや」
ということで、離職して、起業します(笑)。

 

いずれにせよ、“超”放任では離職率が高くなります。

 

いかがでしょうか?

 

以前も書きましたが、結果が出やすいかどうかを見極める、
もっとも簡単な方法は「お客様の声」です。

 

ご参考:●●さんって、どう思いますか?

 

ですが、その会社がホームページなどに
お客様の声を載せていない場合もありますよね。

 

そういった場合は、無料説明会などで
質疑応答の際にこんな質問をして、
離職率を聞いてみてください。

 

「説明会の内容と全く関係ない話ですみません。
御社のスタッフの平均勤続年数って何年ですか?」と。

 

その答えが2年未満なら、完全にアウトなので、
そのセミナー講師からは学ばない方がいいでしょう。

 

スタッフを大切にできていない会社が
参加者を大切にできるわけがありません。

 

ちなみに……離職率が高いセミナー講師ほど、
なぜかマネジメントやリーダーシップ、チームビルディングなどの
本を書いているので要注意です(笑)。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ