毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

傾聴バカ

心理学

2016年6月24日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

今日は昨日の続きです。

 

 

私が心理職の人を見ていて、一番情けないと思うのは、

「クライアントから嫌われるの怖くて、
相手に厳しくモノが言えない」

ことです。

 

こういう情けない人に限って、

「心理職はクライアントに対して
傾聴や承認をおこなうことが重要」

とバカげたことを言って、
クライアントをひたすらほめるだけなのです。

 

いいですか。

 

私たち人間の成長には、2つの愛が必要です。

1つは母性愛(優しさ、承認、肯定)であり、
1つは父性愛(厳しさ、直面化、尻叩き)です。

 

傾聴ばかりして、母性愛を与えるのはいいですが、
それだけだとクラアントの人生は絶対に変わりません。

私の経験上、これは断言できます。

 

心理職というのは時には父性愛を与えて、
クライアントを挑戦させることが仕事なのに、

クライアントから嫌われることを恐れて
厳しくモノが言えない傾聴バカがとても多い。

 

こういう傾聴バカはカール・ロジャーズに毒されてます(笑)。

 

確かに、相手から肯定や承認をされると、気持ちはいいものです。

 

しかし、肯定や承認しかしないのは
お客さんをシャブ漬けにして、
お金を取り続ける麻薬の売人と同じなのです。

 

母性愛だけでは、ぬるま湯につかっているのと同じなので
まったくクライアントは挑戦せず、人生が変わりませんから。

 

ですので、傾聴や承認ばかりをして
フィーを取り続ける人の倫理観を私は疑います。

 

心理職の業界の恥部ですね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ