毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ラストワンページの英語力

勉強法・仕事法

2016年7月23日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

インターネット業界や通信業界には、
「ラストワンマイル」という用語があります。

最後の1マイル=およそ1.6kmという意味ですね。

 

 

例えば、光ファイバーのインターネット回線の場合、
大きな区間なら太い光ファイバーを引くことができます。

 

しかし、そこからどうやって残り1.6kmの距離にある
ユーザーに回線をつなぐのかが問題なのです。

 

太い光ファイバーを1本1本バラして、
個人の自宅に細い光ファイバーの回線を通すのは
なかなかにコストがかかるというわけです。

 

昨今、このラストワンマイルという言葉は
物流業界でも言われるようになりました。

 

例えば、Amazonなどで商品を注文したら、
大きなトラックで家の近くの物流センターまでは
荷物を配達することができます。

 

しかし、そこから小さなトラックに積み替えて、
自宅まで残りの1.6kmを配達するのは、
不在者も多いのでなかなか大変というわけです。

 

このことが、英語力にも言えると私は考えます。

つまり、ラストワンページの英語力。

 

私は心理学やマーケティングの本は、
洋書ではなく翻訳書で読むことが多いです。

 

なぜなら、良い洋書であれば
どんなに分厚くても難しくても翻訳されるからです。

 

たとえば、社会心理学で有名なスタンフォード実験の全貌を
公開した名著『ルシファー・エフェクト』は
808ページの分厚さですが翻訳されています。

 

ご参考:『ルシファー・エフェクト

 

ですので、洋書1冊を読み切る英語力ってあまり必要ない。

 

また、ビジネスの現場でもこれは同じ。

 

英語の契約書などは、法律に強い人に翻訳してもらって
日本語でしっかりと内容を確認しますよね。

 

つまり、ビジネスの現場でも
翻訳者を雇えば、英語力はあまり必要ないのです。

 

そうすると、英語力が必要になるのって、
日常で見る英語のホームページを
理解するシーンがメインだと思うのです。

 

一応、Google翻訳などの翻訳サービスもありますが、
どうも読みにくい翻訳になってしまうからです。

 

だから、ラストワンページ(最後の1ページ)の英語力。

 

あるいは、海外旅行などに行った際、
現地のホテルのスタッフなどと話すときに必要な
ラストワンミニッツ(最後の1分)の英語力。

 

英語力って、それさえあれば十分で、
それ以上あってもあまり意味がない。

 

つまり、限界効用逓減するというわけです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ