毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

誇大広告はなくならない

マーケティング

2016年7月28日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私がセミナーの参加者と話をすると、
こんなことを話してくれる場合があります。

「セミナー業界って、本当に誇大広告が多いですね。
逮捕者でも出て、健全化すればいいのに……」と。

 

 

そうですね、私もそう思います。

誇大広告は景品表示法違反であり、
つまり違法行為ですからね。

 

とは言え、そういうことを言う人は、
誇大広告に騙される心理である「誇大自己」に
本人たちも気づいていないのです。

 

誇大自己とは、「自分は特別な存在だ」という心理で、
現実の自分に比べて、自己認識が誇大化している状態です。

 

この誇大自己は幼稚さの証拠なのです。

 

私たちは子どものころ、およそ10歳くらいまでは
「自分はヒーロー(ヒロイン)である!」
という誇大自己を誰でも持っています。

 

ですから、「大きくなったらウルトラマンになる!」
みたいな思い込みを子どもが持っているのは正常なのです。

 

しかし、10歳以降、私たちは段々と気づき始めます。

「自分は万能ではなく、ごく平凡な人間だ」と。

そして、現実の自分と、自己認識のズレが
小さくなっていくのです。

 

ですが、最近は子どもを甘やかすバカ親が多いせいで
大人になっても誇大自己を持っている人が
異常なまでに増えているのです。

 

会社員生活で大した実績も出していない、
しがない普通以下の会社員なのに、

「私は起業したら、月収100万円を稼げるのでは?」

と根拠のない自信を持っている人も多いです(笑)。

 

まさに、現実の自分に比べて、
自己認識が誇大化している心理状態ですね。

 

この心理状態だと、誇大広告で
「誰でも月収100万円を稼げます」と言われると、
それを信じて購入してしまうのです。

 

このように、誇大広告にだまされる背景には、
「自分はできる人間だ」という
身の程知らずな誇大自己があるのです。

 

こういった誇大自己をもった消費者がいる限り、
逮捕者が出ても誇大広告はなくならないでしょうね。

 

次の詐欺師が、誇大自己を持つ消費者が発している
「甘い蜜の匂い」を嗅ぎつけてどんどん参入し、
誇大広告を打つからです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ