毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

アップルは、なぜSiriを導入したのか?

マーケティング

2013年9月26日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

さて。

 

アップルのiPhoneとか、iPadには、
Siriという「人工知能を使った秘書機能」の
ソフトウェアがありますよね。

 

 

なぜ、アップルはSiriを導入したのでしょうか?

最近は、「ビッグデータ」についての
ビジネス書が流行っていますが、導入の理由は、
この「ビッグデータ」が関係している、と考えています。

 

「ビッグデータ」とは何かというと、
例えばアマゾンでは、何か本を買うと、

「この本を購入した方には、この本もお勧めです」

ということで、推薦してきます。

 

私は、思わずそれをついつい買ってしまうので、
毎日のように、アマゾンから狂った量の本が届くので、
ちょっと困っています。(苦笑)

 

アマゾンで、本を衝動買いをしてしまう人たちのための
自助グループを作りたいくらいです。

 

それはともかく、アマゾンは、
大量(ビッグ)の顧客の購入履歴や、クリック履歴の
情報(データ)を分析してお勧めを表示しているのです。

 

私は、統計学が好きで、
マネー・ボール』とか『ラスベガスをぶっつぶせ
みたいな話には、目がないのですが。

 

昨今、統計学が発展している背景は
コンピュータの性能が上がっているからです。

 

昔では、分析ができなかった、
大量の情報(ビッグデータ)を保存したり、
分析したりすることができるようになったわけですね。

 

そして、これからのIT系のビジネスにとっては、
ビッグデータをどれだけ集められているか、
これが鍵になってくるわけです。

 

アマゾンであれば、
世界一、購入履歴やクリック履歴を持っている企業ですし、

Googleであれば、
世界一、検索履歴を持っている企業ですし、

Facebookであれば、
世界一、個人情報を持っている企業です。

 

そこで、アップルは、iPhoneとか、iPadなど、
色々な端末を販売しているので、

Siriというソフトウェアを用意することで、
端末からビッグデータを集めようとしているわけです。

 

Siriは売上には短期的にはそこまで影響しませんが、
ビッグデータを集めることで、
長期的に競争優位性を作ろうとしている、ということですね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ