毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ABテストの3つの欠点

マーケティング

2017年6月7日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私は今まで、ABテストを推奨し続けてきました。

ご参考:経営とはABテストである

 

ただし、このABテストにも
「3つの欠点」があると感じています。

今日はそれをご紹介しようと思います。

 

欠点1.ABテストだけで改善するのは大変

 

ABテストをすれば、少しずつですが確実に
セールスコピーやチラシなどの出来が100%に近づきます。

 

ただし、それには途方もない時間がかかります。

 

私のおすすめは、まず既存の成功例をマネして、
8割の段階までは到達しましょう。

ABテストをしながら改善をしていくのは、
8割に到達した後でいいのです。

 

欠点2.統計学の知識がないと無理

 

簡単なクイズです。

Aのチラシが10人中2人に売れて、
Bのチラシが10人中1人しか売れなかったとします。

 

このとき、AのチラシとBのチラシ、
どちらの方が良いといえるでしょうか?

 

答えは、これだけではわかりません(笑)。

 

なぜなら、10人という数字が小さすぎて、
統計的な判断ができないからです。

 

つまり、もっと多くの人にそのチラシをまいたら、
実はBの方が反応がとれるかもしれないのです。

統計学に詳しくないと、何件の成約があった時点で
「統計的に有意」かどうかがわからないのです。

 

欠点3.ある程度のPV数や見込み客数が必要

 

ABテストをするためには、その前提として、
ある程度のPV数や、見込み客数が必要になります。

 

欠点2とも関連するのですが、
ある程度の分母がないと、統計的に有意な量の
データが集まらないからです。

 

たとえば、弊社は毎週ABテストしていますが、
そんなことができるのは、毎日数万人が見に来る
「ビジネス心理学」というブログがあるからです。

もし、これだけのPVを広告で集めようとしたら
月に何百万円という広告費が必要でしょうね。

 

ということで、ABテストは良い方法ですが、
欠点の部分を理解していないと、意味がないのです。

 

特に初心者にはむずかしいかもしれないですね。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ