毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

「起業力」とは?

起業

2017年7月29日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

昨日の内容に2つの質問がありました。

1)「起業力」とは具体的にどんな能力を指しているのでしょうか?(個人的にはいくつかの能力・資質が含まれているように思います)

2)また、起業力が50%以下の人は起業しないほうが良いとのことですが、その弊害は具体的にどんなことでしょうか?

ご質問いただいたOさん、ありがとうございます。

最初の質問から、順に回答します。

 

 

私が考える「起業力」には2つの要素があり、
簡単に言うと、以下の2つのかけ算です。

 

1.成功しやすい性格や思考力(心理学)
2.稼ぎやすい業種や能力(マーケティング)

 

まず、「成功しやすい性格や思考力」ですが、
私の講座「お金の心理学」のリーダーズコースで、
わりと妥当性が高い性格診断テストをしています。

その結果が世の中のトップ10%くらいなら
起業するのは悪くないでしょう。

 

次に「稼ぎやすい業種や能力」ですが、
残念ながらビジネスには、
稼ぎやすい業種と稼ぎにくい業種があります。

その稼ぎやすい業種において
あなたに能力と情熱があるといいですよね。

 

たとえば、セールスをするのが好きで、
圧倒的なセールス力があれば、
一生食っていくのに困りません。

 

逆に、いくら「成功しやすい性格や思考力」があっても
「稼ぎやすい業種や能力」の要素がなければ
結果は出せないでしょう。

 

そして、次の質問の答え。

もし起業力が低い人が起業をしてしまうと、
起業後にかなり苦労をしてしまうでしょう。

 

たとえば、要領が悪くて長時間労働になったり、
ストレス耐性が低くて対人関係で悩んだり、
そういったことが予想されます。

 

また、人に営業するのが苦手な人は
起業したら銀行残高がどんどん減っていき、
すぐに借金地獄になることでしょう。

 

多くの場合、こういったことがつらすぎて
せっかく会社を辞めて独立したのに、
数年後に会社員として再就職するケースが多いです。

 

今の日本だと、会社を辞めて再就職すると
前の会社よりも収入が下がることになります。

 

私としては、あなたには、そうなって欲しくない。

ですので、地に足を着けてもらいたいので、
現実的な話をしています。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ