毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

弟子が自殺

心理学

2017年9月27日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私は、自分のセミナー参加者やクライアントに、
「相馬先生」と呼ばないように言っています。

 

その理由については、過去に書いたとおりで、
参加者やクライアントの自立をうながすためです。

ご参考:私が弟子をとらない理由

 

 

これ以外の他の理由としては、
弟子から反骨心や見捨てられ不安などを
ぶつけられないようにするためです。

 

たとえば、幼少期に親から十分な愛情を貰えずに
育った子どもの場合、大人になっても
親の代わりを探し求めます。

 

親の代わりとは、多くの場合、先生とか師匠など、
ビジネスなどで自分よりも結果を出していたり、
自分よりも年上だったりする存在です。

 

そして、恐ろしいのはここからです。

 

弟子は、親から愛情を貰えなかった怒りを
反骨心として先生にぶつけることがあります。

 

有名なのは経営コンサルタントの
神田昌典さんの例ですね。

ご参考:神田昌典さんとは?(ビジネス心理学)

 

神田さんは弟子(セミナー参加者)の1人から
「なんとしても神田先生を超えたい!」
という反骨心をぶつけられていた時期があります。

 

また、神田昌典さんのビジネスパートナーの1人は
自殺をしたことで有名です。

 

その原因は、これはあくまで私見ですが、
「神田先生は私のことを見てくれない!」
という見捨てられ不安だと思います。

 

※見捨てられ不安とは、対人不安のことで、
「見捨てられたくない」という心理的な問題のことです。

ご参考:見捨てられ不安とは?(ビジネス心理学)

 

神田さんのビジネスパートナーの場合、
個人的見解ですが、心理学用語で言えば、

「境界性パーソナリティ障害からくる見捨てられ不安」

が自殺の原因ですね。

 

私は長くビジネスをしていきたいので、
上記のような弟子からの反骨心や見捨てられ不安を
ぶつけられたくないのです。

 

これが、私が弟子をとらない別の理由です。

こういった反骨心や見捨てられ不安からは
逃げておくに越したことはありません。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ