毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

撤退障壁を考えていますか?

起業

2017年10月3日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

多くの人は起業をするときに
参入障壁については考えるのですが、
撤退障壁についてはあまり考えません。

 

 

今日は、撤退障壁について、
3つの例をご紹介します。

 

===================
1.大きな固定費がかかる場合
===================

たとえば、オフィスを借りていて
大きな固定費がかかっている場合、
すぐに撤退できないケースも多いです。

 

退去する数か月前に大家さんに伝えないと
退去させてくれない場合もありますよね。

 

こういった場合、その数か月分の固定費は
撤退障壁になってしまいます。

 

===================
2.色々な資産を高く売却できない場合
===================

新しくオフィスをかまえたときに、
パソコン用の椅子をIKEAで安く、
大量に買ったとしましょう。

 

けれども、そのオフィスを閉じることになったら、
その椅子は処分しないといけません。

 

そして、残念ながら、IKEAの中古の椅子は
処分しようとしても、たいした値段がつきません。

 

このように、会社の資産を高く売却できない場合、
それは撤退障壁になります。

 

===================
3.心理的な撤退障壁「サンクコスト効果」
===================

たとえば、あなたが、英語のスキルを
何千時間もかけてトレーニングしたとします。

 

その結果、英語においては
達人並みになったとしましょう。

 

このように、苦労して何かのスキルを身につけると
その苦労からのリターンを得られるまでは
今のビジネスを続けようとするのです。

 

この、投資したお金や時間、エネルギーを
なんとか取り戻そうとする心理効果のことを
サンクコスト効果と言います。

 

つまり、「もったいない」という考え方は
何かから撤退するときに心理的な障壁になるのです。

===================

以上3つが、撤退障壁の代表的な例です。

 

何かのビジネスに参入するときは、
参入障壁だけでなく、撤退障壁も考えてくださいね。

 

起業家にとっては当たり前なのですが、
起業志望の方は気づいていない人が多いですので。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ