毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

七つの大罪

心理学

2017年10月6日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

生きづらさを持っている人ほど、
自分自身に潔癖性を求めます。

 

 

「怒りや嫉妬などの感情を持ってはいけない」
というべき論を自分自身に振りかざすのです。

 

たとえば、結婚したいのに結婚していない女性が
既婚の幸せそうな女性を見たときには、
「嫉妬」の感情が出てくる場合があります。

 

そんなとき、生きづらい人ほど、
「自分はなんて性格が悪いんだろう」と
自分自身を罰するわけです。

 

でも、考えてみてください。

 

怒りや嫉妬、罪悪感、恥などのネガティブな感情って、
誰もが持ち合わせていますよね。

 

たしかに、それらを日常的に感じるなら、
その感情の根本原因を解決した方がいいでしょう。

 

ですが、たまにそういった感情が
自分の心を乱すくらいであれば、何も問題がありません。

 

そして、今の時代はどうか分かりませんが、
少なくとも我々人間(ホモサピエンス)の
数百万年間の歴史においては、

「それらのネガティブな感情がある方が、
生存するにあたってプラスに働いていた」

と考えるのが自然でしょう。

 

逆にいうと、ネガティブ感情がない人間は
ことごとく絶滅してきたのでしょう。

 

ですから、私は思うのです。

ネガティブな感情を持つことって、
人間として、とても自然なことだと。

 

逆に、ネガティブな感情を持たない人は
何かネジが外れていると言えるでしょう(笑)。

 

キリスト教における、「七つの大罪」である、
「暴食、色欲、強欲、憤怒、怠惰、傲慢、嫉妬」
は有名ですよね。

 

私に言わせれば、これらの感情を持つことも
人間としてとても自然なことです。

 

その「七つの大罪」の感情を持ったとしても、
自罰的になる必要はない、というのが私の意見です。

 

なぜなら、それらの感情を持つことで
人間は絶滅を逃れてきたわけで、
その意味では尊い感情と言えるでしょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ