毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

経費として落とせるものを売る

マーケティング

2017年11月21日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日、経営者に対してのコーチングを
副業でしている会社員の人と話をしたのですが、
そのときに気づいたことがあります。

 

 

それは、その人が、高額納税者に対して
「経費として落とせるもの」を売ることの重要性が
あまり分かっていなかったのです。

 

たとえば、年収4,000万円を超えている経営者は、
その超えた分に対して45%の所得税がかかり、
さらに住民税も10%かかります。

 

ですので、収入の高い経営者は
収入の約半分を税金で持っていかれるわけです。

 

※正確には、日本は超過累進課税方式ですし、
色々な控除を引いた残りの所得に対して課税されるので、
厳密には約半分ではないのですが。

 

では、ここで、考えてみてください。

 

もし、その経営者向けのコーチングの価格が
100万円だったと仮定しましょう。

 

すると、会社の経費で落ちるので
経営者からすると約半額に感じるのです。

 

なぜなら、税引き後の可処分所得から
コーチングの報酬を払わなくていいからです。

 

一方で、高額納税者の経営者が、
ジョルジオ・アルマーニの50万円のスーツを
買うことを考えてみましょう。

 

スーツの場合、芸能人であるとか、
ファッション関係の会社を経営していない場合、
ほぼ100%経費では落ちません。

 

もし経費で落として、それを税務署に指摘されたら、
まず間違いなく負けてしまうでしょう。

 

ですから、高額納税者の経営者は
約半分の税引き後の可処分所得から
スーツ代を払わないといけないのです。

 

私の言いたいことは分かりますよね?

 

高額納税をしている経営者からすると、
50万円のジョルジオ・アルマーニのスーツと、
100万円のコーチングは同じ価格に見えるのです。

 

このように、相手の所得が高くなればなるほど、
「経費として落とせるもの」を売るのは
簡単になっていくのです。

 

つまり、もしあなたが売っているものが
「経費として落とせるもの」なのであれば、
できるかぎり高額納税者に売ったほうが楽なのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ