毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

あなたは悪くありません!

コピーライティン

2017年11月30日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

情報弱者をからめとるときに使う文章で、

「あなたは悪くありません、悪いのは●●なんです!」

という責任転嫁の表現があります。

 

 

上の●●に入るのは、たとえば、
業界の構造、詐欺をしている会社、ビジネスの環境、
などです。

 

あなたも、上記の表現を見たことはありませんか?

 

なぜ、この表現を使うかといえば、
「仮想敵」を作って怒りの感情を煽り、
その興奮状態で勢いで買ってもらうためです。

 

ですので、この表現を使うことで、
売上がのびることもあるでしょう。

 

ですが、私はこの表現をあまり使いたくありません。

 

その理由は、この表現に惹かれてくる人って、
典型的な情報弱者ばかりだからです。

 

もっと言うと、情報弱者の中でも最悪な、
自己正当化ばかりして行動しようとしない、
社会の底辺の層が集まります。

 

そして、社会の底辺みたいな人が集まっても、
ビジネスでは結果を出してくれないのです。

 

まぁ、当然ですよね。

 

「あなたは悪くありません!」と言われて、
それに納得して責任転嫁するような人の中に
ロクな人がいるわけがありませんから。

 

一方で、結果を出す人は逆の考え方をします。

「ビジネスとは自己責任の世界であり、
結果が出ないことを他に責任転嫁したら、
いつまで経っても成功できない」と。

 

今日のまとめ。

 

やみくもに文章をマネするだけでなく、
その文章はどういうお客さんを引き寄せるか、
ちゃんと心理を考えてみましょう。

 

「あなたは悪くありません!」という表現で、
たしかに売上は増えるかもしれません。

 

ですが、責任転嫁をしてばかりで行動しない、
社会の底辺の層を集めてしまいます。

 

私は、そういう人とは付き合いたくないですね(笑)。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ