毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

私のこだわりの文房具

勉強法・仕事法

2018年2月8日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私はそもそも、パソコンだけで仕事のほとんどが
完結するようにしているので、
文房具自体をほとんど使っていません。

 

 

普段カバンに入れて持ち歩いているのは紙とペンだけで、
他の文房具はありません。

 

紙は、バインダーにA4のプリンタ用紙を
入れて持ち歩いています、10枚くらい。

 

「おいおい、A4プリンタ用紙って(笑)」と
思うでしょうが、これが意外と便利なのです。

 

年配の経営者などの場合、目の前でノートパソコンを広げると
不快に感じる方もいるので、そういう方の前では、
紙とペンを出してミーティングをします。

 

 

メモをして、相手にそのまま渡すことができますし、
自分が何かメモをした場合、家に帰って
ScanSnapなどでスキャンして、その紙はすぐに捨てます。

 

※ScanSnapというのは、スキャナーですね。
→ ScanSnap iX500

 

プリンタ用紙なので、ノートと違って切る必要がなく、
そのままスキャンしたり、そのまま渡せるのですごく楽です。

 

あとは、プリンタ用紙は安くていいですね。(笑)

合理的で最高です。

 

ペンは、モンブランの2本ボールペンが入るペンケースに、
モンブランのボールペンを1本と、
フリクションの3色ボールペンを1本、
合計2本を入れて持ち歩いています。

 

普段はフリクションのボールペンを使っています。

 

ただし、相手がブランドに気を配るような経営者の場合、
ラポールを取るためにモンブランでメモをします。

 

あとは、契約書にサインなどをするときは、
フリクションではダメなので、モンブランでサインします。

 

ですので、外出先で使っているペンのうち、
99%はフリクション、1%がモンブランという感じですね。

 

私は、合理主義者なので、
基本的にはパソコンで全部を済ませたいのが本音です。

 

しかし、世の中には、私と正反対の価値観の経営者もいるので、
しょうがなく文房具を使っているという感じです。

 

そのための最低限の文房具として、紙とペン、というわけです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ