毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

私が協会ビジネスをしない理由

未来予測

2018年2月27日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私は「仕組み化」がわりと得意なのですが、
すると友人からこんな質問をされることがあります。

 

「相馬さんは、協会ビジネスはしないんですか?」と。

 

 

協会ビジネスとは、新・家元制度とも言われるのですが、
「生徒を先生に育てて、その先生をサポートする仕組み」
のことです。

 

ですが、協会ビジネスをやろうとは、私は思いません。

 

なぜなら、インターネットの潮流、
すなわち情報革命の流れに逆らっているからです。

 

情報革命とは、大きな組織が力を失っていき、
消費者が力を持つことに他なりません。

 

このことは、もう何年も前から私が言い続けています。

ご参考:「ビジネス心理学」の目的

 

大きな組織が力を失っていき、消費者が力を持つとは、
中央集権から分散(非中央集権)への流れのことです。

 

さて、協会ビジネスとは典型的な中央集権の組織ですよね。

 

ですから、この情報革命の流れが進むほど
力を失っていくことが分かりきっています。

 

なぜなら、インターネットによって、
代わりに個人個人が力を持っていくからですね。

 

ちなみに、私のビジネス組織の作り方も
中央集権ではなく分散にしています。

 

「相馬が一番偉い」という中央集権ではなく、
チームメンバーみんなに情報を共有することによって
権限を分散させることを考えています。

ご参考:情報格差と権力の関係

 

私が何が言いたいかわかりますよね?

 

情報革命の流れが進むほど、
中央集権の大きな組織を作ることが
むずかしくなっていきます。

 

たとえば、暗号通貨(仮想通貨)は
国という中央集権の力が弱くなることを意味しています。

 

暗号通貨(仮想通貨)が増えれば増えるほど、
国が持つ通貨発行権の力は相対的に弱くなり、
国が持つ課税する力も相対的に弱くなっていくからです。

 

階層構造になっている組織の力は
今後ますます弱くなっていくのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ