毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

過干渉が依存を生む

心理学

2018年4月5日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

日本って、とにかく人に干渉する文化でよね。

20歳を過ぎた立派な「大人」なのに、
いつまでも子供として扱って干渉する親が
とても多いと感じています。

 

 

また、世の中も親が子供に対して
いつまでも干渉することを求めているとも感じています。

 

たとえば、芸能人の実の子どもで、
20歳を過ぎた「大人」が犯罪をおかした場合、
ニュースになりますよね。

 

そしてなぜか、芸能人は記者会見を開き、
20歳を過ぎた「大人」の代わりに謝罪をするのです。

「世間の皆様、お騒がせして申し訳なく思います。
私は子どもの育て方を間違えました」と。

 

これが私には理解ができません。

※そもそも、反社会性行動は育て方よりも
遺伝の割合が高いことが分かっています。

 

欧米では20歳(または成人)を過ぎたら
子供ではなく1人の「大人」であり、
完全に親の人格とは切り離されます。

 

ですので、我が子と言えども
20歳を過ぎた「大人」であれば、
親とは別人がおかした犯罪なのです。

 

もちろん、親が謝罪をする必要などありません。

 

さて、感覚的に言うと、子供が0歳の赤ちゃんの時には
親は100%干渉しなければいけません。

 

なぜなら、赤ちゃんには干渉してあげないと
1人でおっぱいも飲めず、オムツも変えられないので
死んでしまうからです。

 

そして年を1歳とるごとにその割合が
5%ずつ下がっていきます。

つまり、1才児には95%干渉し、2才児には90%干渉し、
3才児のコードには85%干渉し……といった具合です。

 

そして、子供が20歳になった時に
干渉してよい割合は0%になるわけですね。

 

この割合を超えて干渉することが過干渉です。

 

そして、親から過干渉をされて育った子どもは、
大人になると親と同じように人に接するようになります。

自立心がなく、他人に依存する、
自己肯定感が低い大人に育つのです。

 

こうやって、子供に過干渉をすることによって
子供の自立心を奪う親がとても多いのは
日本の問題だと思っています。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ