毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

ブラック企業の見きわめ方

経営

2018年6月8日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

今日はブラック企業の見きわめ方の1つをご紹介します。

 

その方法は単純で、その会社の離職率を聞く、
ということです。

 

 

当たり前ですが、社員を使い捨てにしたり、
安い給料でこき使っていたりする会社ほど
離職率が高くなるからです。

 

私は、「会社を辞める」という行為は
異常な行為だと思っています。

 

普通の人は、安定したいという欲求があるので、
1つの会社に入ったら、よほどの問題がない限り、
ずっと同じ会社で働き続けますよね。

 

つまり、会社を辞めるということは
自分の安定を手放すことを意味するわけで、
何か異常事態が社内で起きているのです。

 

ですから、ブラック企業を見きわめる時に
離職率は1つのヒントになるのです。

 

もちろん、ブラック企業の経営者が
社員を洗脳して離職させない場合もありますが、
そういった例外はまたいつか書きます。

 

では、ホワイト企業とはどんな企業でしょうか?

それは今の逆です。

 

ホワイト企業では、優秀な社員が地層のように
積み重なっていることが多いです。

 

1番下を優秀な古参社員が固めていて、
そこに新しく入ってきたまた優秀な社員が積み重なり、
さらにまた優秀な社員が入ってきて積み重なり……

ということを繰り返して、
社員数が着実に増えていくのが
ホワイト企業の特徴の1つですね。

 

ですので、あなたが就職活動中で、
どこかの会社に面接に行くときには
面接官に離職率を聞くようにしましょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ