毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

専業主婦は痛々しい

自己啓発

2019年2月7日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先進諸国において、日本人の女性が
「私は専業主婦をしています」と欧米人に言うと
非常に奇妙な目で見られることがあります。

 

 

「ええっと……赤ちゃんが生まれたばかりで、
満足に働けない状態ですか?」と質問されることでしょう。

 

「いや、子どもはすでに大きくなりました」と答えると、
いよいよ腫(は)れ物にさわるような扱いを受けます。

 

なぜなら、多くの先進諸国においては
「夫婦共働き」が当たり前だからです。

 

つまり、専業主婦を“あえて”選ぶということは
身体や精神や知能などに重大な障害があって、
どうしても働けないかわいそうな人と思われるのです。

 

「この女性にどういう重大な障害があるかは、
かなり仲良くなってからでないと怖くて聞けないな」
と思われるわけです。

 

また、働けていないということは
精神的にも経済的にも自立できていないことと同義で、
まことに痛々しいというのが専業主婦のイメージなのです。

 

さて、ここで考えてみましょう。

 

専業主婦が働くこと、つまり共働きをすることは
素晴らしいことだと私は信じています。

 

まず女性が自力で収入を得ることで、
経済的に自立することができます。

 

それによって自信を高め、「●●さんの奥さん」とか
「●●ちゃんのお母さん」といった家族の隷属の状態から
精神的に自立することにつながります。

 

さらに、働くことで周りの人に貢献をでき、
感謝されたり自分の価値を認めてもらったりできます。

 

これによって自己肯定感が高まるのです。

 

ですので、身体や精神や知能に重大な障害がなければ、
そして赤ちゃんが小さい年齢でなければ、
どんな主婦も働いたほうがいいと思っています。

 

もちろん、ブラック企業で働く必要はないので、
職場はよく吟味して選んでくださいね。

 

逆に、自分の妻を専業主婦にしている男性がいると、
本当に残忍な夫に私には見えるのです。

 

経済的自立や精神的自立、感謝、自己肯定感などを
妻から無慈悲にも取り上げているわけですから、
どういう了見なのかその男性には聞いてみたい。

 

「男が働くべき」という価値観が女性を苦しめる、
と気づいていないのでしょうね、視点が低いので。

 

主婦がもっと働いて、女性の社会進出が進めば
もっと日本はよくなると私は信じています。

 

私と一緒に、日本をそんな社会にしていきましょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ