毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

師匠を1人にするバカ

自己啓発

2019年2月21日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

「師匠は1人に絞れ」。

このように言う成功者は意外と多いです。

 

まず、エゴが強い成功者は、
「自分だけを師匠にしろ」という意味で
このように言う場合があります(笑)。

 

 

彼らは幼稚にも、弟子をとることで
「私は選ばれた人間なんだ」と
選民意識や自己愛を満たそうとしているのです。

 

ただ、エゴが強い成功者ではなかったとしても、
「師匠は1人に絞れ」と言う場合があるのです。

 

私はその意見についてまったく同意できないため、
彼らにその了見を聞いてみると、

「複数の師匠のアドバイス内容が矛盾するときがあって、
そういうときにどう行動すればいいか分からなくなる」

と言うのです。

 

こう言う人は、とても視点が低い。

 

なぜなら、アドバイスに矛盾が生じるということは、
そのアドバイスの隠れた前提や意図を
自分が見つけられていないだけだからです。

 

また、場合分けをして考えられないバカなのです。

 

「この場合ではAさんの言うことが正しくて、
あの場合ではBさんの言うことが正しい」
みたいに場合分けができていません。

 

どんなに本質的なアドバイスだったとしても、
それがすべての状況に当てはまることはありえません。

 

なのに、ある成功者の1つのアドバイスを
すべての状況に使おうとするから矛盾が生じるわけですね。

 

たとえば、「コピーライティングが重要」と言うAさんと
「コピーライティングはあまり重要ではない」と言うBさんが
いたとしましょうか。

 

これだけだと矛盾をしているように感じますが、
AさんとBさんの意図と前提を考えてみると
その矛盾をほぐすことができます。

 

例をあげると、意図と前提として、

Aさんはコピーライティングの良否によって
売上が大きく変わるアフィリエイトを仕事にしていて、

Bさんはコピーライティングが売上にあまり影響をしない
転売ビジネスをしていたとしましょうか。

 

その場合、コピーライティングは
アフィリエイトにでは重要だが、転売ではその限りではない、
と矛盾をほぐせるのです。

 

ですから、私の意見はこうです。

師匠が1人しかいないのは危険である。

 

その理由は、すべての人が盲点を持っているからです。

 

「●●は正しい」と師匠が言ったとしても、
この定説が当てはまらない状況は必ずあり、
それが師匠とその師匠から学ぶ人の盲点なのです。

 

逆に、師匠が複数いることのメリットは、
その盲点を減らすことができるのです。

 

複数の師匠のアドバイスが矛盾を
しているように聞こえる部分は
それぞれの師匠にとって盲点になっている部分だからです。

 

意図と前提から、その矛盾をほぐして理解しましょう。

 

師匠の言っていることが矛盾することが問題なのではなく、
その矛盾をほぐすことができない、
あなたの視点の低さが問題なのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ