毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

素人の文章の特徴

その他

2019年3月16日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

昨日はエクセルが下手な人の特徴について書きましたが、
今日は同じように、素人の文章の特徴をお伝えします。

 

 

見分けるポイントはいくつもあるのですが、
その1つ目は三点リーダー「……」やダッシュ「─」の使い方です。

 

文章のプロはこれらを2つだけ並べて使います。

 

なぜ、これらを2つだけ並べて使うかというと
それが活版印刷の時代からの伝統だからです。

 

ようは、三点リーダー「……」やダッシュ「─」を
単独で使おうとする人や、3つ以上並べて使おうとする人は
その伝統を知らない素人なのです。

 

だからこそ、商業出版の世界の編集者は
三点リーダーやダッシュを2つ並べて使っているのです。

 

見分けるポイントの2つ目は、1つ目と付随することですが、
素人は文章で三点リーダーを使わないときがあります。

 

なぜなら、三点リーダーの代わりに、
中黒「・」や句点「。」や読点「、」を使っているからです。

 

つまり、こういうことです。

 

正:彼は絶望したのだった……。
誤:彼は絶望したのだった・・。
誤:彼は絶望したのだった。。。
誤:彼は絶望したのだった、、、

 

本などをたくさん読んでいる人間からすると、
上記の誤の表現を見つけた瞬間に、

「ああ、これは編集が入っていない、素人の文章だな」

と(少なくとも私は)感じてしまいます。

 

最後に、見分けるポイントの3つ目ですが、
『』(二重かぎかっこ)の使い方を
わかっていない人が素人には多いです。

 

基本的に『』は、作品名に使います。

 

たとえば「7つの習慣」と書いてあった場合は、
ただ単に7個の習慣があることを意味します。

 

しかし、『7つの習慣』と書いてあった場合は、
それは作品名を意味しているので、
この名前の本や映画、音楽などを指すのです。

 

こういったことはプロの編集者であれば
ご存知だと思います。

 

しかし、素人は作品名でもないのに、
『』を使っていることがままあります。

 

こういった間違った文章を読むと
本を読み慣れている知的レベルが高い人ほど
気持ち悪く感じる訳です。

 

「あれ、『』を使っているのに、これは作品名ではないぞ」
と、読んだときに混乱するからです。

※ただし、「」内で、再度「」を使うときは、
「」の代わりに『』になります。

 

ですので、もし自分が物書きであれば、
こういったルールの逸脱はやめましょう。

 

それだけで、「これは素人が書いた文章だな」と
ディスカウントされてしまうからです。

 

また、もしあなたがルールを逸脱している文章を読んだら、
それは素人の文章と考えて差し支えないでしょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ