毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

起業で失敗する人の条件

起業

2014年6月8日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

起業において、
「前提」の誤りというものがあります。

 

 

この前提を外すと、うまく行かないのですが
それは何かというと、起業する目的が

 

「会社を辞める事」

 

になってしまっているパターンです。

 

何を隠そう、私自身もこれで失敗しました。

 

会社員を辞めて、起業をする際、
サプリメントの通販をしていました。

 

が、サプリメントの通販に対して、
別にそこまでの情熱があったわけではなかったのです。

 

そうやって、会社を辞める事が
起業の目的になっている人が、たまたま、
奇跡的にビジネスがうまくいって、会社を辞めたとします。

 

すると、どうなるのか?

 

まったく、働かなくなるんですよね。

 

そう、これは過去の私です。

 

起業と言うのは、軌道に載せて、
「ハイ、終わり!」というものではなく、
ずっとやり続けるプロセスみたいなものです。

 

それに、会社員の時と違って、
尻を叩いてくれる上司もいませんから、
怠けようと思えばいくらでも怠けられます。

 

また、会社を辞めるという目的は
既に達成してしまったので、
次の目的がなく、行動できないのです。

 

ですから、起業というのは
自分が情熱が持てることでないと
コツコツとやり続けることが不可能なのです。

 

もちろん、情熱があることをやり続ければ
起業で成功できるというのは暴論ですが、
情熱があることは大事です。

 

この話は、過去に何度かメールマガジンで
書いたのですが、私のプログラムの参加者に
全然伝わっていないようなので、また書いてみました。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ