毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

自己顕示欲を満たす著者

心理学

2015年4月24日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私自身、散々出版にたずさわってきて、
こんなことを言うのもおかしいのですが……

 

「出版したい」と言っている人って、
その多くが、本当は自己顕示欲を満たしたいだけ、
と私には感じられます。

 

 

そもそも、なんで出版したいのでしょうか?

 

出版をすることで、本業の売上を増やしたいから?

いや、インターネットで普通にマーケティングをした方が、
出版をするよりも、よっぽど売上が伸びますよね。

著者のマーケティング力がないだけです。

 

世の中に、伝えたい情報があるから?

いや、メールマガジンで書いた方が
よっぽど伝わりますよね。

ほとんどの本なんて、1万部も売れないのですから。

 

本を書くのが夢だから?

あなたの夢と引き換えに、本を作る紙のために
木が切られ、地球環境が壊れていますよ。

それは素晴らしい夢ですね。

 

出版部数を増やしたいから?

読者を舐めるな、馬鹿。

 

正直なところ、今の自分自身があるのは
「本のおかげ」と心の底から思っているので、
出版業界が衰退していくのを見るのは残念なんですよね。

 

2012年に、幻冬舎という出版社の社長である、
見城徹(けんじょう・とおる)氏が、

「うちの会社は、あと5年で利益がゼロになる。
それまでに新規事業を立ち上げるぞ!」

といった趣旨のことを言ったそうです。

 

レ・ミゼラブル。

 

汚い心を持った著者たちが、
出版業界を衰退させている
1つの原因になっているのでしょうね。

 

志という名の野心。

人間力という名の見栄。

夢という名の自己顕示欲。

 

しかし、私自身も、出版に携わっていたとき、
そういった汚い心を持っていたことは認めます。

 

今となっては、赤面の至りであり、
その贖罪として、この記事を書いているのです。

 

願わくば、出版業界が、少しでも、少しでも長く、
良い状態が保てますように。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ