毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

親との対峙

相馬一進について

2017年6月1日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私の親孝行の記事への反応が
いつもよりもかなり良かったので、
今日はもう少し加筆しようと思います。

 

 

さて、私にとっての親とは、
人生で避けては通れない壁です。

なぜなら、私の親は「自己否定のカタマリ」で、
自己肯定感がないに等しいからです;

 

今回の旅行中も、私が相当イライラすることがありました。

 

何かにつけて自分を過剰に卑下したり、
自分の意見も言えずに人の意見を聞いたり、
トイレなどを極端にガマンをしたり。

そういった自己肯定感が低い人の典型的な特徴が
今回の親の行動の中で散見しました。

 

私の中に、「自己肯定感は高めるべきである」という
べき論があるせいか……。

親のそうした態度を見る度に私はイライラしてしまうのです。

 

たとえば、でルイ・ヴィトンの店舗の前を通ったときも
親は「私には買えないブランドだから……」と言って、
不必要な謙遜をして同情を引こうとするのです。

 

キーホルダーなどの安い商品もありますから
決して買えないわけではないだろうに、
なぜイチイチ卑下するのだろうと感じました。

 

そういうところを見るたびに、
とても苦しそうだなと思う一方で、

「この人、いつまで経っても変わらないんだな」

という無力感が私の中にこみ上げてくるのです。

 

昔なら、そういったときに
弓を引いていたと思いますが、
なんかもう、今は麻痺しているんですよね……。

 

「この人は、一生変わらないんだろうな」という、
怒りや悲しみを通り越した、あきらめの感情が
体の中をどんよりと覆っているのです。

 

ある意味で、私が心理学を伝えたくなくなるときは、
この親と完全に和解できたときなのでしょう。

 

そして、「心理学の専門家」としての私のキャリアが終わり、
職業人としての死を迎えるタイミングも、
やはり親と完全に和解できたときでしょうね。

 

つまり、親との和解が「始まる」のは、
私の職業人としての死が「始まる」ことも意味しているのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ