毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

人格主義は宗教

自己啓発

2017年9月24日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

「人格が重要」といった趣旨のことを
強く伝えている自己啓発書で有名なものに
『7つの習慣』がありますね。

 

 

ただし、「人格を高めたくても
高められない人も世の中にはいる」ことも
覚えておきましょう。

 

行動遺伝学の研究によれば
人の性格は5割前後も遺伝で決まってしまうことが
わかっています。

 

行動遺伝学とは、ザックリと説明すると
全く同じDNAを持っている一卵性双生児と、
違うDNAを持っている二卵性双生児の比較研究です。

 

たとえば、反社会的な問題行動をするかどうかは
遺伝で6割以上決まることをご存知でしょうか?

また、マリファナの依存は6割が、
ギャンブル依存は5割が、喫煙は5割が、
それぞれ遺伝で決まることが分かっています。

 

ですが、情報弱者ほど、精神論が大好きで、
問題の主原因を「心」に押し付けようとします。

 

・強い精神があれば反社会的な行動をしないはずだ!

・マリファナに依存するのは心が弱いからだ!

・メンタルが強ければギャンブルに依存しないはずだ!

・心が弱いヤツが喫煙をする!

……といったことは大きな間違いなのです(笑)。

 

上記の原因のうち、少なくない割合が、
遺伝によって決まってしまうからです。

 

つまり、上記の問題の主原因はDNAであって、
「心」でも「人格」でもありません。

 

私が『7つの習慣』を宗教書であり、
ある種のイデオロギーを押し付けている本だと
感じる理由はそこにあります。

反社会的な行動や、何かに依存するかどうかは、
遺伝でほとんど決まってしまうということを
考慮していないからですね。

 

すなわち、世の中には人格者になろうとしても
先天的にそれがむずかしい人もいるのです。

 

ですから、人格主義の本質は理想主義であり、
現実主義から遠くはなれているわけです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ