毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

自己肯定感は遺伝か?

心理学

2017年11月23日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

昨日の内容「ボトルネック以外は放置しろ!」に
こんな感想をいただきました。

===================

「自己肯定感が低いと自分や他人のあら捜しをする」
というのは本当だな~と思います。

「私は自分や人の悪いところが気になる性格なのかな」と
今まで思っていましたが、生まれつきではなくて、
生まれた後に自己肯定感が低くなったからなのでしょうかね。

===================

メール、ありがとうございます。

 

 

今日紹介したいのは、コーチやカウンセラーなどの
心理職をしている人なら誰でも知っている、
「ビッグ・ファイブ」という要素です。

 

1.開放性(Openness)
2.誠実性(Conscientiousness)
3.外向性(Extraversion)
4.協調性(Agreeableness)
5.神経症傾向(Neuroticism)

 

この5要素はゴールドバーグが提唱したもので、
心理学のなかではもっとも有名であり、
知らなければモグリです。

 

このうちの「5.神経症傾向」が今日のテーマ。

 

この要素が高いと、不安やうつになりやすく、
環境の刺激やストレスに敏感となるなど、
情緒不安定になることが分かっています。

 

また、神経症傾向が高いと、
日常に感じる幸福度も低くなります。

 

そして、この神経症傾向ですが、
以前も書きましたが、なんと4割が遺伝で決まります。

ご参考:自信の本質
https://www.personal-promote.com/?p=7584

 

ここまでは事実で、ここからは私の仮説なのですが、
「自己肯定感も神経症傾向の影響を受ける」
と私は考えています。

 

臨床していないので断言できませんが、
その可能性が高いと感じています。

 

ですから、私が申し上げたいのは、
ポーカーのように、人は誰でも自分に来た手札(遺伝子)で
勝負をしないといけない、ということですね。

 

先天的に幸せを感じやすい手札(遺伝子)の人と、
そうでない人がいるのです。

 

私たちは誰もが、配られた5枚のカードのうち、
せいぜい2~3枚しか交換できません。

 

アメリカの神学者であるラインホルド・ニーバーが
言ったとされる有名な言葉を思い出しましょうね。

 

===================

父よ、私に変えねばならないものを変える勇気を、
どうしようもないものを受け入れる静穏を、
そして、それらを見分ける洞察力を与えて下さい。

===================

 

後天的な部分の性格を変える勇気と、
先天的な部分の性格を受け入れる静穏と、
それらを見分ける洞察力を持ちましょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ