毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

べき論と理念の関係

経営

2018年2月9日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

私は以前から、「べき論は外した方がよい」ということを
繰り返し書いています。

※べき論とは、下記のような、
「~すべき」という強迫的な価値観のことです。

 

 

・年上の人をうやまうべきである
・ダメなところはさらすべきではない
・完璧でなければいけない

ご参考:べき論と孤独の関係

 

ただ、これについて、誤解をする人も多いのです。

 

特に経営者だと、こんな勘違いをします。
「べき論のおかげで、理念や企業文化が作られるのでは?」と。

 

これは、ごくごく一部の状況においてだけ正解です。

 

例えば、パタゴニアの創業者であるイヴォン・シュイナードは
「自然は守るべき」というべき論を持っています。

 

このべき論のおかげで、パタゴニアという会社は
自然保護が大切だと思っている心優しい人たちにとって、
ブランドになっているわけですね。

 

ですが、ビジネスにおいてべき論を持った方がいいのは
せいぜい理念や企業文化くらいです。

 

逆に言うと、それ以外のべき論は
メンタルの悩みやトラブル、孤独、生きづらさなどを
作り出す原因です。

 

つまり、理念や企業文化を作り出すべき論だけが有用で、
それ以外のべき論は役に立たないのです。

 

ですから、私も理念に関するべき論はあります。

 

ですが、それ以外のべき論は
なるべく外すように心がけています。

 

そうしないと、私が苦労するだけならよいのですが、
私から学んでいる講座の参加者たちも
苦労してしまうことになります。

 

私のべき論を無意識に受け継いでしまうからです。

 

また同様に、私のチームメンバーも
私のべき論を無意識に受け継いで
苦労してしまう可能性がありますね。

 

要は、組織のトップのべき論というのは
それだけ多くの人に負の影響を与えるのです。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ